• 2006年、カリフォルニアにある縫製工場で、手間暇を惜しまない1960年代当時の入念なモノづくりが再開されました。
    北米産の60/40ファブリックを使ったマウンテンパーカーの復活と“MT.RAINIER DESIGN”の誕生でした。
    私たちの求める「快適で、永く愛されるウェア」とは?
    その答えは、「時流に流されないデザイン」「必要にして充分な実用的機能性」そして「耐久性」でした。
    こうして自分たちが追い求める理想のウェア/ギアの開発プロジェクトが始動したのです。
    Seeking of the 60’s American classic outdoor wear, we found a manufacturer in California where they still had qualified skills and spirits of craftsmanship from the 60’s.
    This was the true revival of classic style mountain parka made with legendary 60/40 cloth made in USA.
    In our search for “long lasting and comfortable wear”, we come down to the simple truth: “timeless design”,
    “necessary and sufficient utility” and “durability.” From our passion to ideal classic style outdoor wear,
    “MT.RAINIER DESIGN” was started to develop original wear and gear for it.

  • 1960年代、バックパッキング発祥の地、シアトルからバークレーを中心とした米西海岸周辺には、数多くの優秀な工場が存在し、そこからノースフェースやコロンビア、そしてシェラデザインズなどのアウトドアブランドが誕生しました。西海岸で培われた優秀な技術は、90年代以降はアメリカにとどまらず、フィリピン・ベトナム・中国など、さらに効率的に生産可能な地域を求め、世界に広がっていきました。
    In the 60’s, many high skilled manufacturers were existed along the west coast of USA, mainly from Seattle, where the cradle land of “back packers”, to Berkeley. Well known outdoor brands, such as “North Face”, “Columbia” and “Sierra Designs” were born from these manufacturers. After the 90’s, the cultivated skills in USA expanded to worldwide like Philippines, Vietnam and China for more efficient production place.

  • “MT. RAINIER DESIGN”は商品の開発プロジェクトで、素材や縫製にこだわりを持ち、世界中から最も適した技術を持つ工場を選び、
    優れた商品を提供することをコンセプトとしています。
    The concept of “MT.RAINIER DESIGN” is to develop high quality outdoor products in persistent classic style design with selected materials and sewing skills made by high skilled manufacturers in all over the world. Photos by Chris Burkard